正しい飲み方で低用量ピルを味方につけよう

ピルというと、効果の高い避妊薬の一つです。そして、女性が妊娠から自分の身を守るために、自分自身でできる避妊法になります。どうしても妊娠を避けたいと思っているのなら、使ってみるのもいいでしょう。
ピルは、通常産婦人科で診察を受けた上で処方してもらいます。一度診察を受けると数か月分出してもらえるようになっています。
その飲み方ですが、きちんと飲んでいないと効果がありません。ですから、習慣づけるようにするといいでしょう。
1周期は4週間になっており、2パターンの錠剤があります。ひとつは3週間飲んで、1週間飲まないというパターン、もうひとつは3週間ホルモン剤の入っている錠剤を飲んで、1週間はダミーの何も入っていない錠剤を飲み、とにかく毎日飲むようにするパターンです。
きちんと規則正しく飲んでいくのがポイントです。飲み忘れがあると、その効果はなくなってしまいます。しかし、飲み忘れてから24時間以内、つまり前に飲んでから48時間以内であれば、まだ大丈夫です。しかし、時間をずらすと全てのその周期がずれていきますから、注意しましょう。
とにかく、同じ時間にきちんと毎日飲むことが大切なのです。飲み忘れに注意しましょう。

Comments are closed.