生理時期の悩み解消の救世主、低用量ピルについて

生理不順などで悩んでいる人には、生理を安定させる良い方法があります。それは低用量ピルを使うという方法です。これは、10年ほど前に日本でも認可されたので、産婦人科で診察を受けた上で処方してもらえるのです。
これはいわゆるピルと呼ばれるもので、ホルモン剤です。これを飲む主な理由として、避妊の効果があるためですが、そのほかにもいろいろな理由で飲む人もいます。例えば、排卵痛が酷い人や生理痛に悩む人にはそれが緩和されるので、医師に進められる場合もあります。
ピルを毎日飲むことで、生理の時期を調節することができ、4週間ごとにしっかりとくるようになるのです。ホルモン剤を摂取することで、体を妊娠しているような状態に思い込ませるような働きがあるので、気持ちが悪くなったり、足がむくみやすくなるような副作用が出ることもあります。
しかし、周期を安定させるためにも、かなりよいといえるでしょう。費用は、1か月分1周期で3000円程度の金額ですが、数か月分まとめて出してもらうことができます。
何か大きなイベントを控えていたり、ある時期に生理がくるのを避けたいというような事情があるときには、ピルを使ってみるのもいいでしょう。

Comments are closed.