肌荒れに効果ある、ビタミンb6を多く含む食材

ビタミンCとは違って誰もが慣れ親しんでいる栄養素とは言えないビタミンb6ですが、これらを積極的に摂るようにすると肌荒れに効果があります。
特に、生理前にはホルモンバランスの乱れで肌荒れが起こりやすい状態になるので、意識して食べるようにして肌の状態を保つように工夫しましょう。

これらのb6を含むビタミンを摂るには、青魚がお勧めです。
マグロ、いわし、サンマには特に含まれているので、積極的に食事に取りいれるようにしましょう。

マグロは、お刺身であればすぐにでも食べる事ができるので、とても手軽に摂れる食材です。
また、いわしなら、生のものであれば焼き魚にしたり、煮付けにしたりも出来ますし、干物であれば簡単に焼くだけで食べられるので、便利な食材です。
そして、サンマも、生なら焼き魚で食べられますし、塩サンマであればある程度、保存が出来るので重宝な食材だと言えます。

ビタミンの優れた成分を含むこれらの魚を効率よく摂るには、生の魚を出来るだけ買い求めるようにするのが理想的ですが、一人暮らしではなかなか1尾だけ購入しづらいこともあるでしょう。

缶詰を活用すると、色々な魚を手軽に摂取出来るようになります。

普段の暮らしから、積極的に青魚を摂る工夫をして肌荒れ対策を行って行きましょう。

Comments are closed.